ce8e2d6081c9543ebb2bacbf39e62566_s.jpg

HOME > 学資保険の加入時期

【満期の時期と金利が重要】学資保険に加入するタイミング!

<出産とともにまずは学資保険の検討する>

現在、こそもの教育費に関しては非常にライフプランの中でも大きい比率を占める支出になっておることはいうまでもありません。
それも入学金や決まった学費などまとまった金額を一括で数年にわたって支払うことも求められます。
だからこそ、必要なのが「教育資金」に向けた備えです。
特に高校生になったあたりから私立、または予備校でも通おうものなら前述のようなまとまった資金が必要になるわけです。
そこで役立つのが学資保険になります。
まずは満期になるタイミング、金利、そして保険としての機能をいくつかのプランから選択することが必要です。
さらにいえば、2人目以降の出産プランも考慮して掛け金の計算もしっかりしておかないと生活に影響を与えることにもなりかねません。
さらに10年たった頃には、プラン変更を検討する、または別会社のプランに乗り換え検討を行うといった保険の見直しもきちんと行う必要があります。
とにかく、まとまった資金を必要とされる教育費に対して備えておく、さらにその計算を事前シミュレーションの上、学資保険に加入するということをプランしておかねばなりません。